先輩からひと言

  1. 幸手看護専門学校TOP
  2. キャンパスライフ
  3. 先輩からひと言

先輩からひと言

第二看護学科 1回生(Y・Yさん)

緑に囲まれ明るく静かな教室で勉強に専念することができ、環境に恵まれています。自主性を重んじ助け合い、仲間との団結力も強く自分達で作り上げていけるという新設校ならではの特色があります。
先生方の熱いご指導により国試対策にも力を入れ全員合格に向け頑張っています。

准看護学科 29回生(S・Aさん)

今、2年間を振り返り思うことは、この学校で学ぶことができて本当に良かったということです。歓迎会や送る会、体育祭など楽しい行事があることや、広い校舎に緑豊かな環境でリフレッシュしながら学べたことですが、何よりも北海道での修学旅行がとても楽しく良い思い出となっています。

一方、子育てをしながらの学生生活は厳しく、特に実習が始まり大量の記録や課題など、時間に追われる日々が続き苦しみました。母親としても、十分な責任を果たせない自分に涙することもありました。しかし、いつもそばで仲間が励まし、支えてくれたおかげで、このような苦難を乗り越えることができました。

この学校で同じ夢を持った仲間や、厳しくも優しい先生方と出会い、ともに過ごした時間が私にとって貴重な財産であり、今も大きな励みになっています。

これからは、私の方から励まし、支えることのできる、頼りにされる看護師を目指して努力を続けて行きたいと思っています。